« 9/18 コンサート@白十字 | トップページ | クラシックギター、左手のコツ2 »

クラシックギター、左手のコツ

暑い毎日ですが、たまにはギターのことも書こうかと思います。
レッスンをしていて左手のテクニックに関して悩んでいる人が多い気がします。
ボクシングでは左を征するものは世界を・・。
といいますが、世界を征するかは別としてとても大事です。
まず左手、腕に関して基礎的なことですが鬼のように厳しい大原則をいくつか、

1,手首は曲げず、反らさず必ず真っ直ぐ。
2,肘は体の横より後ろにいてはいけない。
3,指は関節をロックするだけで握らない。

1は手首を曲げてグーパーグーパーするとわかりますが、腱があっぱくされます。これはかなり大事です。
2は腕というか楽器の持ち方が大きく影響します。
腕はリラックスして背筋を伸ばすと体の真横にあるので、それよりも前にあるとぶら下がる力が生まれます。これが握らず押さえる一つのコツです。
3は、弦は指板に対し垂直方向に押さえると少ないエネルギーで押さえられピッチも安定します。
指を曲げて開くと分かりますが例えば人差し指の指先は内を向いています。これで握ると垂直方向以外にも力が働いてします。

言葉足らずの部分もありますが、
この3をチェックするだけでもセーハなど難しい押さえが楽になったり、出なかった音が出るようになるかも知れません。
ヒントにして下さい。

|

« 9/18 コンサート@白十字 | トップページ | クラシックギター、左手のコツ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9/18 コンサート@白十字 | トップページ | クラシックギター、左手のコツ2 »