« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

クラシックギター、左手のコツ3

さて、前回の1フレットのセーハのコツです。
前回説明したように肘は1フレットから指板に垂直線上には持ってこれません。
大体下のような位置になるはずです。
絵が下手ですみません。。

1471836689370.jpg
そこで腕からただぶら下がると以下のような力がかかります。

1471836689851.jpg
仮にこの力を「K」としましょう。
そうするとこの力だけでは指板に垂直な押弦にはまだなっていません。
あと使える関節は肘です。
ぶら下がりつつ、肘を以下の小さい矢印のように動かします。。

1471836690179.jpg
この力を「H」としましょう。
KとHの力を足すと「T」という力になります。
これは指板に対し垂直方向の力になります。


1471836853303.jpg

(ベクトルの足し算で平行四辺形を考えます。)

理論上はこうなのですが、要は押さえるポジションによって、「K」という力と「T」という力の大きさと方向を微調整する必要があります。
どうやったら指板に垂直に押弦できるかという意識が常に必要になります。

| | コメント (0)

クラシックギター、左手のコツ2

前回のブログで左手の使い方の大原則を3つ紹介しましたが、
今回は具体例で尚且つ教則本にはまず載っていないことを説明していきます。
前回のブログで左腕をぶら下がるように使い、指を握らないことを説明しましたが、
実はローポジション、特に1フレットのセーハについてはそれだけでは効率よくエネルギーが伝わりません。
というのも前提として指板に対し垂直方向に弦に力が働くと最も効率よくエネルギーが伝わりますが、ぶら下がりだけでこれをするときには左肘はその垂直線上にほぼいないといけません。
早い話が1フレットセーハをするときは思いっきり脇を開かなければいけなくなります。
しかしなかなか苦しいフォームですし、脇を開きすぎればぶら下がる力はかなり弱くなります。
対策として非常にギターを立ててローポジションを体の近くに持ってくるという方法もありますが、ハイポジションに対応しづらかったり、右手の弦に対する角度が直角に近くなったり、あまりオススメしません。
「肘はそこまで開かずに、尚且つ指板に対し垂直方向に力を加えること」を考えなければいけません。
そこで考えるのがベクトルの和です。
長くなったので続きは次回です!

| | コメント (0)

クラシックギター、左手のコツ

暑い毎日ですが、たまにはギターのことも書こうかと思います。
レッスンをしていて左手のテクニックに関して悩んでいる人が多い気がします。
ボクシングでは左を征するものは世界を・・。
といいますが、世界を征するかは別としてとても大事です。
まず左手、腕に関して基礎的なことですが鬼のように厳しい大原則をいくつか、

1,手首は曲げず、反らさず必ず真っ直ぐ。
2,肘は体の横より後ろにいてはいけない。
3,指は関節をロックするだけで握らない。

1は手首を曲げてグーパーグーパーするとわかりますが、腱があっぱくされます。これはかなり大事です。
2は腕というか楽器の持ち方が大きく影響します。
腕はリラックスして背筋を伸ばすと体の真横にあるので、それよりも前にあるとぶら下がる力が生まれます。これが握らず押さえる一つのコツです。
3は、弦は指板に対し垂直方向に押さえると少ないエネルギーで押さえられピッチも安定します。
指を曲げて開くと分かりますが例えば人差し指の指先は内を向いています。これで握ると垂直方向以外にも力が働いてします。

言葉足らずの部分もありますが、
この3をチェックするだけでもセーハなど難しい押さえが楽になったり、出なかった音が出るようになるかも知れません。
ヒントにして下さい。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »