« 分割のすすめ3の補足 | トップページ | xx本 »

分割のすすめ4

二分割までは前回説明したので、
今日は三分割と四分割についてです。
基本的にはやり方は二分割のときと同じ手順です。
メトロノームを40にセットし、足でカウントをとりながら1弦開放弦で三つ打ちができるかをチェックします。
時期にあやかって三文字言葉は「さくら」にしてみると、
さくらさくらさくらさくらさ・・・・。
均等にできていれば聞き方によって「くらさ」や「らさく」にも聞こえるはずです。
上手く分割できなかったり答え合わせのときはメトロノームを三倍の120にセットし、一つ打ちにします。足のカウントは40のままです。
それに慣れたらまたメトロノームを40に戻し同じことをする。これの繰り返しで練習します。

四分割も同じ手順なのですが、
二分割がしっかりできているのであれば、四倍の160ではなく二倍の80にセットし、二分割をしていくといいです。
上手くいかなければまた二分割に戻ります。

まずは二、三、四分割ができればかなりの曲の楽譜が読めます。
面倒な練習ですが慣れです。

これらができたら五、六、七分割とそれぞれ行うといいと思います。

次回ではこれらができた前提で実際にどう譜読みに結びつけるかを説明します。


|

« 分割のすすめ3の補足 | トップページ | xx本 »

コメント

やはり三文字言葉はズバリ『おさけ』でしょうbottle

足を40にカウントしながら指の打数を増やすのは難しいですね~。。。

なんとか6分割まで、7分割だと意味不明です。

練習あるのみ!ですね。
今後もこちらでのプロの技を是非ご教授くださいhappy02

投稿: | 2015年4月 2日 (木) 08時13分

ゲストさん

三文字、やっぱりそうなっちゃいます?笑
この頃ジーンズブログになっているのでたまにはギターのことも書いていきます!

投稿: 栗田 | 2015年4月 5日 (日) 02時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分割のすすめ3の補足 | トップページ | xx本 »