« 分割のすすめ2。 | トップページ | 分割のすすめ3の補足 »

分割のすすめ3 二分割

前の記事で、メトロノームを40に合わせてゆっくり1拍を感じる練習を紹介しました。
今日はそれらを二分割することをやっていきます。

メトロノームの1拍が4分だと思えば、
右足でそれをやわらかくカウントし、
その半分の8分音符を前と同じように1弦開放弦のミをi、m交互に弾いていきます。


ひたすらミーミーミーミーミー。。。。
もしiからスタートするとメトロノーム音はiと同時に鳴るはずです。

i、m均等になっているでしょうか?
また足が8分でカウントを取りはじめたり、カクカクなっていないでしょうか?

さて、実はここからが分割トレーニング本番です。
というのも上のことに気をつけて取れればとっくに譜読みができているはずなのです。
はっきりと言ってしまえば上の練習をしたときにi,mが均等になっているかどうかが分からない人が多いということをレッスンで実感しています。
録音して良く聴くというのも一つ手段ですが、別の方向からの練習を紹介します。
ポイントとしては分割前の一つ打ちに結びつけて考えることです。
メトロノームを40の倍の80にセットします。
そこに一個ずつ1弦のミを弾いて行くのですが、ここで大事なのは右足のカウントは先ほどと同じ速さのままにします。
つまりメトロノーム音2回に1回足が下に来るようにします。足が上下を折り返すときそれぞれにピッ、ピッとメトロノーム音が鳴る感じです。ですがカクカクならず。
まずは足だけやると良いと思います。
それからi,mで弾き、しばらく慣れたらメトロノームを40に戻し今と全く同じことをします。
ほとんどの生徒さんがこの練習で一時的に改善されますが、継続して練習する必要があります。
続く。

|

« 分割のすすめ2。 | トップページ | 分割のすすめ3の補足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分割のすすめ2。 | トップページ | 分割のすすめ3の補足 »