« 真夏の死 | トップページ | 国酒 »

暇人

どうも自分が暇人のような気がしてならない。
友人に『空いてる日はいつ?』
と訊かれて『いつでも』というがいざ手帳を見ると結構空いていない。
徐々に仕事が増えてきたせいか、やってることが半分趣味のせいか。
なので忙しくて練習ができなかったという生徒さんの生活が嫌みでなく本気で気になる!

食事とかすぐ終わらすのだろうかとか。
トイレでマンガ読んだりしないのか。
寝る時間もないのだろうかとか。

いや、でも自分も小学生のころは一番忙しかった気がする。
そして毎朝登校が面倒だった。下校も面倒だった。
母親が『今が一番楽なのよ』
とよく言っていたので、社会に出たらこれ以上辛いことが待っているのかと思ったが。
今の方が断然楽しいし、辛いこともない。
だから小中学生の生徒さんに忙しいと言われるとついつい甘くなってしまうのか。『面倒なのは今だけだぞ!』と言ってあげたくなる。
ま、こんな大人が一人身近にいてもいいでしょ。

|

« 真夏の死 | トップページ | 国酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏の死 | トップページ | 国酒 »