« バレンシア(続き) | トップページ | 今朝は »

スポ根

このブログで何回かに渡ってどうしたらスケールが超高速で弾けるかということを間違ったりなんやしながら研究してきました。
こういうことにムキになるのは賛否両論ありますし程度にもよりますが、まぁできないよりできるほうがよかったり、単にうれしかったり。僕もこればっかやってるわけじゃありません。

人によって右手をa,m,i(アルアイレ・アポヤンド)を使ったり、i,m(アポヤンド・アルアイレ)だったり、左手でたくさんスラーを入れたり、これらをミックスしたり。
人によって方法、フォームが違うのは指の長さ、指が曲がる方向など個人差があるからだと思います。
ちなみに僕はこれらを曲によって使いわけるようにしています。
ただ左手でスラーを多く入れるときは聴いていて違和感を感じないのが条件だと思います。
またこれはすべてに共通することですが左右の手のコンビネーションの問題もあります。

ところで最近やっとi,mのアポヤンドのフォームが決まったように感じます。
前までは日によって入ったり、入らなかったり。
どういう爪がいいのかとか、きちんと角度や接点が決まっていなかったからです。


そして、あとやることは鍛えること。
「男は黙ってアポヤンド」
以前ギタリストの先輩が言っていたとてもしびれた言葉です。
(男女差別だとか言われかねませんが・・・)

今までグリップマスター、グーパーの連続による握力の強化、指立て伏せなどためしてきましたが、いまいち効果が・・・・。
そこで一つ有効なトレーニング方法を見つけました。
枕の上でアポヤンド!!!
i,m,a,c(小指もやります)のうち順番に2本ずつ選んでやっていきます。
つまりi,m→i,a→m,aというように・・。
できるだけ速く強くそれぞれ30秒から1分間くらい続けます。
要は砂浜ランニングですよ。
前腕の動く腱を意識してやるのがポイントだと思います。
きちんとした動きができてなかったり、やりすぎるとぶっ壊れますのでご注意ください。
(それからクッションじゃないシャリシャリの枕だとなんの意味もなく爪が割れます。)
僕も「うわーつるー!!」という直前で止めてみたり。
危険な香りがぷんぷんします。
ブログランキングにクリックお願いします!!

|

« バレンシア(続き) | トップページ | 今朝は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バレンシア(続き) | トップページ | 今朝は »